banner

原稿作成がすべて

ホームページ作成はコンテンツ、つまりは原稿作成がすべて

インターネットでの集客が企業にとって当たり前になってきましたが、それに伴ってサイト数も増えてきていることから、ホームページ作成において、会社概要や商品を並べただけのサイトでは誰も見に来てくれません。また、最近では個人ブログによるアフィリエイトも無視できない状況にあり、企業のホームページ作成にSEOを意識しなければ、検索上位はおろか検索外に追いやられてしまうといった状況が今のインターネットの世界です。

そのため、自社サイトをうまくアピールして話題を提供しているホームページは人気になりますが、何の対策もしていないホームページは、ますます誰もアクセスしなくなるといった二極化が既に起こっています。また、SEOというと数年前までは被リンクを利用した方法が主流でしたが、最近ではこうした方法は下火となり、コンテンツ自体の質を上げていくことでお客さんに喜ばれるコンテンツを提供できるとともに、検索順位も上げていく、いわば王道なSEOともいうべき方法に企業も意識へ変えてきています。

そこで、重要になってくるのが有益な原稿作成ができる人材です。喜ばれるコンテンツが今まで作れなかったため、さまざまなSEO手法を駆使していたわけですから、そう簡単に良質な原稿作成ができるはずがありません。しかし、近年登場したクラウドサービスを利用することで、比較的安価でもユーザーに喜ばれるコンテンツを継続的に作っていくことも可能になってきています。ホームページ作成の肝はサイトが出来上がったときではなく、有益なコンテンツがホームページに量産され、検索上位に表示されたときにはじめて達成されるものです。

このことを理解していないと、専門業者に依頼していくら見栄えのいいホームページが作成できたとして、アクセス数はほとんど見込めません。ホームページは広告塔のために作るわけですから、アクセスが見込めないのであれば、ホームページ作成に使った経費も時間もムダになり、「ネットは効果がない」という間違った結論を導き出しかねません。うまく利用することで、会社の知名度を上げることも売り上げも上げることで、営業窓口の導線がまた一つ増えるわけですから、会社にとってはかなりの機会損失になります。昨今の不景気になり売上が上がらない中でホームページによって新規顧客が十分に見込めることを理解すれば、ホームページ作成がいかに会社にとって重要な営業になるかが分かるはずです。”

Copyright(c) 2016 ホームページ作成のいろいろ、教えます All Rights Reserved.